【デザイン】デザインする前に把握するべき重要な4つのポイントとは

デザインする前に把握しておきたいこと ウェブデザイン
スポンサーリンク

仕事で、いざデザイン制作を行うとき、重要な4つのポイントをしっかり把握してからデザインしていますか?

事業のいちデザイナーとして仕事をしている方は、
例えば、上司から「LP(ランディングページ)作って欲しい」とか「チラシを作ることになったからデザインして」と、言われたことありますよね。
このとき、大抵はディレクターがワイヤーフレーム(デザインのラフ)を一緒に渡してくるかと思います。

ワイヤーフレームがあるんだから、それを元にデザインすればいいんじゃないかな?

そう思うかもしれません。
しかし、デザイナーは依頼されたことをやるだけではいけません。
なぜか。
それは重要なポイントを抑えられていないから。ユーザーに響かないデザインを作ることになってしまうから。

そんな基礎だけど、把握しておくべき重要なポイントをおさらいしておきましょう!

スポンサーリンク

目的(なぜやるのか)

「チラシ作って欲しい」などの依頼には、絶対に目的があります。

例えば下記のようなことが考えられます。

  • キャンペーンを行うにあたって、多くの人に周知してもらえるように(認知向上)
  • 重要なお知らせを顧客に知らせるため
  • クーポンをつけて集客するため

なぜやるのか・目的を把握することは、デザイン制作する中で優先順位をつけやすかったりもするので、重要なポイントになります。

手段・媒体

目的に合わせて、
なぜ「チラシ」なのか。他の媒体(ウェブやメルマガなど)や他の手段ではいけないのか。
ということも理解しておくべきです。

目的によっては、他の媒体・手段の方が訴求力が良いこともあります。

媒体は本当に様々あるので、正解を決めづらいこともありますが、そこはチームで議論するのも重要です。

デザイン媒体の例は下記のようなものがあげられます。

  • チラシ
  • パンフレット
  • うちわ
  • ポスター
  • LP(ランディングページ)
  • バナー
  • SNS

 

至った背景

例えば、クーポンがついたチラシを作ることになったとします。

なぜクーポンを作る必要があるのか、それをやることになったのか、
を把握できると、事業やサービス全体への理解が深まります。

 

背景として考えられることは、以下のようなことがあげられます。

  • 客足が少ないので、どうにかして客を店に呼び込みたい
  • 新しくオープンする予定のお店だから、認知向上させるために何かしたい

 

ターゲット・ペルソナ

どんな人に情報を届けたいか」を具体的に絞ることで、デザインの方向性もイメージしやすくなります。

これは把握しないとユーザーに響かないデザインを作る羽目になります。

例えば、男性向けだと自分で勝手に思って制作したら、実は女性向けにデザインするべきことで、デザインを一から修正する羽目になったりもします。

だから、基礎的なことではありますが、ターゲットまたはペルソナは絶対に知っておくべきことです。

ペルソナについての詳しい記事はこちらもご覧ください!↓

【webサイト制作】ペルソナとは?設定方法、ターゲットとの違いを解説【webディレクター】
ペルソナとは、webサイトやサービスを制作する際に設定する、具体的な顧客モデルのことです。ペルソナは、プロジェクトを進める上で、サービス・webサイトを制作する関係者が、サイトに関する方針・方向性やイメージを統一するために必要とされています。ターゲットとの違いは、具体的イメージの深さにあります。

 

デザイナーの価値を高める

これまで紹介した、4つのポイント。
これらはデザイナーだけでなく、ディレクターや企画・開発すべてに通ずることだと思います。

ただ、日本の悲しい実情を話すと、デザイナーの価値はまだまだ他の国に比べて低いです。
それは単に「デザインがビジネスを左右しないと思っている人が多い」とか、「デザインに対してあまり価値を感じていない人が多い」という話だけで片付けられないでしょう。

それは、「依頼されたことだけをこなすデザイナーもかなりいる」、という事実も関係してくることだと思います。
事業に対して意見をしてこない、言われるがまま、だと当然なめられる。

だからこそ、本当の意味でそのサービスや事業を成功させるにはどうするべきか、デザイナーとして何ができるか、深く突っ込む必要があると思います。

そうすることで、デザイナーの価値を向上させていくこともできると思っています。

 

まとめ

デザイナーとして把握しておくべきことをまとめると、下記4つになります。

  • 目的(なぜやるのか)
  • 手段・媒体は何か、それは正しいのか
  • やるに至った背景
  • ターゲット・ペルソナ

 

駆け出しの新人デザイナーは、上司のディレクターなどから振られた仕事をこなすだけで精一杯だと思います。

こんだけ書いておきながら、筆者もまだまだ駆け出しのデザイナーで、依頼されたことに対して「はい、わかりました」で済ましてしまうことが多いです。笑

これではいけないという戒め、これから意識していきたいということで、先輩のデザイナーから教わったポイントを紹介しました。

「デザイナー」という職業の価値を高めていくためにも、これらを大切にしてより良いデザインを生み出していきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました